スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『G00』(二期9話)を見てみました

最近、イノベイターの名前ってなんだか「復活」とか「再生」を意味するものばっかりよねー、と思ったり思わなかったり。
だって「リボーン」に「リヴァイブ」に「リジェネ」に「ヒール」に「ケア」に「スタビティ」ですぜ………そのうちにイノベキャラが増殖して「リカバー」とか「リフレクト」とか「サイクル」とか出てくるんじゃなかろーか。
もっとも、それで行くとティエさんの語源が謎なんだけど(--)
「大地」だか「地球」だかが語源なんだっけ??(かなり曖昧)

「カタロン」は「純粋」って意味で、「パーファシー」は「完全体」を意味すると聞きかじった覚えがあるのですが真偽の程は不明であります。
そもそもこれはどこの言葉なの~。
まあ、いちいち天使の名称を「エクシア」とか「キュリオス」とか「デュナメス」とか、わかりづらくする作品だからなあ(二期は比較的簡単だったが・笑)

ちなみに。
キャラ名や機体名に語源を求めるのは腐れ女子に多いと聞いた覚えがあります(………)
いいのよ………だって所詮はノーミソがお子様なんですもの………(遠い眼差し)

あ、あとですね。

実はさり気に前回、リボンズくんに兄貴が「愚かな人間」代表みたいに扱われてちょっと嬉しかったのですよー♪
別に作中で崇め奉られたい訳じゃないしっ。
駄目な部分もあるからこその好きキャラなんだしっ。
「お前が言うな☆」なキャラにトンチンカンなこと言われたら勿論ムカつくけれども、兄貴が私怨に走ったのは事実だし、何より、作中のラスボス(候補)に馬鹿にされるのはある意味でVIP扱いですよ………!(オイ)

個人的には「作中のラスボス(候補)に馬鹿にされる」よりも上の階層には「ラスボスに仲間に誘われる」、「ラスボスに(精神的な意味で)恐れられたり感心される」ことが上げられます。
うん。
明らかにゲームの遣り過ぎだ(笑)
何にせよ妙に神格化されるよりは適度に貶された方が人間味があっていいってもんですヨv
刺してぇぇぇ!
もちっと小刻みに適度に視聴者に忘れ去られない程度に刺してぇぇぇ!!
(マ○………?)


・『G00』:二期9話


OPとEDに少しずつ変更あり。

一見して気付いたのはOPだと、クラウスさんとシーリンさんの背後に攻撃(?)の軌跡&マリナさんが見上げるダブルオーの外見変更(オーライザー合体済み?)
EDだと出だしの銃に巻きついた花の図柄ですかねー。ただ、EDは一期でも出だしの長さが違う場合があったから、こっちは出たり出なかったりするのかも。

初っ端はアリーさんVSマイスター年少組。
相変わらずアリーさんがノリノリです。
彼曰く「身体の半分が消し炭だ! 再生治療のつけを払いやがれ!」らしーので、やっぱり無傷とは行かなかったのねー。
今になって出てきたのは回復までそれだけかかったのか、単純に「ガンダム」が出てくるまで動かなかっただけなのか。

そして結局アリーさんを拾ったのはリボンズくんなんだかアロウズ(※旧同盟軍)なのか何なのか。
だって、再生治療ってきっとお金かかるだろ………。
再生したってことは別に肉体改造はされてないのかなー。謎、謎。
せっちゃんの「やはり生きていたか!」は5話の遭遇をさしてのことかしらねー、とか思ってたら。

ティエリア:「貴様がロックオンの仇か! 敵討ちをさせてもらおう!!」

ちょっ………!Σ(-□-)
あ、あああ熱くなっちゃ駄目でしょーっ! アリーさんは冷静さを欠いて勝てるような相手じゃないんですぜ………!!
まあ冷静になったら勝てるのかって訊かれると激しく疑問なんですが(待て)

なんかなー。
アリーさんが頭ひとつ抜けてる感じがするからなー。
たとえマイスターが4人がかりで取り囲んだとしても勝てる気がしないのは何故なんですぜ。
これも一種の刷り込みなの??(知りません)

つか、マジで強すぎて歯が立ってないし。
相変わらずファングが好きなアリーさん。
セラヴィーの隠し武器にも即座に対応しちゃうアリーさん。
ついでに「自業自得だろぉ! 右目が見えないくせに出てきやがってよ!!」と兄貴のことを貶してくださるアリーさん。
い、やぁぁぁ! 刺してぇぇ! もっと刺し(強制終了)!!!

ゴタゴタやってるところにケルディムとアリオスもやってきて、アリーさんが撤退したことにより戦闘終了。
いつも思うけどアリーさんてば逃げるのが(見切るのが?)物凄く速いよね。さすがプロ!
デュナメスと同じ長距離支援型のケルディムを見て「まさかあの野郎も生きてんのか!?」的な反応を示してくれなかったのはちょっと残念だったけどな………でも、双子が乗ってるなんて思わないよな………。 ← 何か期待してたらしひ。
にしても、何処に撤退してるのかがいつも謎。アロウズでもなさそうだしリボンズハウスに戻ってるの??(何処だよ)

アリーさんを追いかけようとしたところをガッション! とアリオスに掴まえられたセラヴィーがなんかおかしかったv
え、掴めるんだあのサイズで、みたいな(笑)

リボンズくんは相変わらずな感じだったけど、リジェネにはなーんか色々思うところがありそうですね。
ヒリングちゃんは髪の色からしてリボンズくんと同じ「型」に見えるけど、「戦闘型」っつーことはリボンズくんは「思考型」か何かなのでしょうか。よく分からん。

ルイスのことをさり気に調べているアンドレイさんがちょっと怖いです。
恋する男の嫉妬容量は5万倍!(関係ない)
そして単独行動に更に磨きが掛かるブシハムさん………あんなに堂々と窓の外を通過してくなよw
一瞬とはいえブシドー機がアリーさんの機体に見えたことは秘密だ☆(赤ばっかだから見分けがつかんのだよ)

一時撤退したトレミーは宇宙に上がるべく準備を整えることに。
せっちゃんはサジくんにきちんとルイスに会ったことを報告してましたねv ただ―――ルイスはせっちゃんがCBメンバーってことに気付いてたけど、せっちゃんはルイスが軍属だと気付いたのか否か。

そしてブリーフィングルームにはティエさんを問い詰め中のライルさん組と「ただいまマリー」と報告真っ最中(と思われる)アレっち・マリー組も合流。
一気にライルさんに諸事情を説明することに。
アレっちは前期で「刹那はKPSAのメンバーだよ!」と聞く暇はなかったはずなのに、自然と会話に加わってて地味に謎(19話でしかしてないよね………??)

ディランディ家がテロにあった様子が詳しく描かれたのは今回が初めてかな………。
あれだとひとりで何処かへ走ってったのは「ライル」だけに見えるのですが「ニール」もいた?
小説だと「ニール」も瓦礫に埋もれてたはずだしなあ。うーむ、謎。

事情を聞いて思わず「世界の変革よりも私怨か。兄さんらしい」と笑ってしまったライルさんに「不服なのか」と突っ掛かるティエさん。
に、「尊敬してるんだよ。家族が亡くなったのは10年以上前の話だ。オレにはそこまで強く思い込むことはできねえ」と苦笑するライルさん。
うん。そうだね。
ニールの愛は重いよね(ちょっと待て)

思い余ってかライルさんに自分がKPSAに所属してたことまでぶちまけてしまうせっちゃん。
この後の対応が―――なんか、兄貴よりライルさんのが静かだな。
「お前が仲間を止めなくてもテロは起こってたさ」とか淡々と受け入れてたよな。
兄貴は「狙い撃ちたい」とかゆって銃を向けたからな(^^;A
もっとも、

ライル:「そうさ、俺たちは過去じゃなく、未来のために戦うんだ」

↑の決めセリフは放送前にガンダムGATEで公開されちゃってたんだけどな(黙っとけや)(※数時間後には削除された模様)
このセリフをそのまんま受け取ると「家族の死に対しては怒りを堪えたはずのライルがどうしてカタロンに入ったのか?」って疑問がありありと残っちゃうんですけど~。
やっぱEDの手は「家族ではない誰か」=「彼女」辺りが無難な答えなのかな………。

過去に拘ってちゃ意味はないよね、的なセリフを「ニール」と同じ顔した「ロックオン」に言われて「イノベイターを拒否することは正しいのか………?」と先週の今週で悩み始めてしまうティエさん。
うん、まあ、ティエさんの中にいるのはぶっちゃけ妄想ニールだか(ry

そして、今回もせっちゃんがライルさんを何と呼んでいるのかよく分かりませんでした。
くっ………! どこまで私を待たせれば気が済むのだ、ガンダム………!(違)
思い返してもライルさんがCBメンバーに面と向かって「ロックオン」と名指しされてる描写がないのも問題じゃね? スメラギさんは作戦の関係上「ロックオン」呼びしてた気はしますけどーっ。

トレミー内のモダモダを余所にアロウズ内ではカティさんと白髪少佐とリヴァイブくんが作戦会議中。
白髪少佐の立場がどんどんかませと化していきます。このひと、最終的にはカティさんに「一生ついてきます!」系になっちゃったりするんじゃなかろーか。

白髪少佐の意見を余所にカティさんとリヴァイヴくんが作戦で意気投合。
リヴァイヴくんが「ライセンスを持っています」ってゆーから戦術予報士の資格かしらーとか思ってたらワンマンアーミーでした。

だからどうしてライセンス制なんだと小一時間(ry

宇宙へ上がろうとするトレミーVS海中&上空&宇宙で待機するアロウズ部隊。
荒っぽいことになるからとサジくんとマリーちゃんはブリッジに集合。
ひとりで廊下を転がってったハロさんに涙(哀)
作戦としてはトランザムしか使わないって分かってたんだとしてもさぁぁぁっっ! せめて台座! 台座にセットしておいてライルさん!!(血の涙)

ここいらはスメラギさんとカティさんの作戦の読み合いでしたね!
コーラさんが落ちていく辺りもいつも通りでしたね!(笑)
最終的には成層圏突破の段階でダブルオーを離脱させておいたスメラギさんが一歩リード、とゆー感じ?
しかし、お蔭でカティさんは相手が「リーサ・クジョウ」であるとの確信を持ち、通信を受け取ったスメラギさんも相手が旧友であることを知ることに。またスメラギさん悩んじゃうんだろーか………。
あと、余談ですが。

刹那:「一気に本丸を狙い撃つ!!」

地味に言語野が兄貴に侵蝕されつつあります(今時の子は「本丸」とか「狙い撃つ」とか言いません!)(それ以前にせっちゃんは兄貴のあのセリフを聞いてないはずだ!!)(※参照:一期23話「本丸を狙い撃つ!」)

今回トレミーにイタイ一撃を加えたのはリヴァイブくんの駆る新型機ガデッサでした。
意外とノリノリだったリヴァイブくんに吃驚です。
これの開発費もハレヴィ家が出してるんですかね。どこまで金持ちなんですかねハレヴィ家。
一方、単独行動ばっかのブシハムさんはビリーさんに再会。

ビリー:「やあグラハ―――いまはブシドーだっけ?」

YOU、もう「グラハム」ってゆっちゃいなよ。

「ブシドー」ってのは自称じゃなくて他称だったらしーのに更に吃驚。すると何か? アロウズ内における「ニホン」はこんなイメージなのか??
………リボンズくーん! 何か言ってやって! 言ってやって!!
ブシハムさんは「私はそのためだけに生きている」はともかく、相変わらず「私色に染め上げて欲しい」だの「最高の速度と最強の剣を所望する」だの何か誤ったニホンゴの知識を披露しています。

ビリー:「合点承知!」

お前の影響か、ビリー・カタギリ。

変わっていないように見えたビリーさんが「必ずガンダムを仕留めてくれ」と進言したことで、ブシハムさんにも彼の変化が伝わったんではないかなあ、と。
思えば互いに遠くに来たもんだ。

今回のVSガンダム戦でジェジャンさんが戦死。
これを受けてホーマー司令はいよいよイノベイターに出番を願うことに―――って、いままでは頼ってなかったとでも言うつもりか。
リボンズくんたちの後ろに赤髪のヒトが控えてたけど、あのひとが何かまた新型でも持って来るのかしらね~。

宇宙に上がったおやっさんはリンダさん(奥さん?)と共にオーライザーの様子を確認に。
オーライザーって飛行機みたいな外見してんな(ちょっと待て)

次回予告は登場キャラが多すぎて何が何やら判別つかず………でも、リンダさんに抱きついてるミレイナちゃんにちょっと和みましたv



2008年11月30日 『GOO』徒然 トラックバック:1 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://azanael.blog88.fc2.com/tb.php/549-cbfcc5d9

乙女はティエリアに恋してる 00第9話

 アロウズってちょっと悪く言われすぎだよね。連邦にしてもそうですけど、そんなに反体制が正義って事にしたいんでしょうか?そんなんだか...

2008年11月30日 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。